日本糖尿病学会九州地方会

12/1-2に熊本県で開催された第61回日本糖尿病学会九州地方会に参加してきました:メモ:

4月から発売された体重減少効果のある糖尿病薬での食事の変化量について発表しに行きました。
すごく緊張しましたが当院の特徴についてもお話し、質問も頂き多くの方に興味を持っていただくことができました:両目::ピカピカ:

糖尿病の方は特に筋力低下や骨がもろくなりやすい為、適切なたんぱく質摂取の重要性や食後だけ運動するよりも30分毎に3分の運動をこまめにする方が血糖が下がりやすいことなどそれぞれの専門の方々のお話を聞けて大変勉強になりました:コック::走る男性:

論文紹介

体重と糖尿病の関係をまとめた解析についての論文を紹介します。図の一つ一つの丸が過去の研究結果です。これらを統合して解析した結果、体重が1kg減量するごとにHbA1cは0.1%低下することと報告されています。

体重減量のためには、食事や運動に加えて、治療薬の選択も大切です。学会発表で学んだことを日々の臨床にも生かしていきたいと思います。

(参照文献)Effect of weight reduction on glycated haemoglobin in weight loss trials in patients with type 2 diabete. Diabetes, Obesity and Metabolism 19, 9. 1295-1305, 2017

大濠内科 管理栄養士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です